しみ取り

しみ・そばかすでお困りの方へ

しみには、肝斑、そばかす、老人性色素斑など様々な種類があり、主な原因として、紫外線と加齢、ホルモンバランスの変化、肌の擦りすぎ、肌に合わない化粧品の使用、ストレスなどが挙げられます。また、最近は女性だけでなく、男性もシミ取りをされる方が増えてきました。当院では、患者様一人ひとりに細やかなカウンセリングを行い、最適なしみ治療をご提案いたします。美しい素肌を手に入れるお手伝いをさせていただきます。

しみの種類

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

そばかすのような小さいものから、数cmあるものなど大きさは様々存在します。円形や楕円形に近い形をしており、境界がはっきりしています。名前の通り、加齢とともにできやすく、主に紫外線によって生じます。紫外線による皮膚の障害が長期にわたることで、メラノサイトが異常に活性化し、メラニンが過剰に生成されて皮膚からの排出が追いつかなくなることで生じると考えられています。

肝斑

肝斑は、30~40代の女性に多く、目の周りを避け、主に頬骨のあたりに左右対称にできる茶色いしみです。額や口唇に生じることもあります。女性ホルモンのバランスの変化やこする刺激により生じやすいとされますが、原因ははっきりしていません。

炎症後色素沈着

年齢に関係なく、湿疹、にきび、けが、やけどなどの皮膚に何らかの炎症が生じ、治ったあとに茶色く色が残った状態を指します。

雀卵斑(じゃくらんはん)

一般的に「そばかす」を指し、鼻背部から頬骨のあたりを中心に、2mm前後の小さな茶色や黒色の斑です。遺伝的な要素が強く、子供から20代頃に多くなります。

しみ・そばかすの原因

紫外線

紫外線を多く浴びることで、皮膚を守るためにメラノサイトがメラニンを過剰に生成します。年齢が若いほど、メラニンが新陳代謝でなくなっていきますが、年齢を重ねるごとにメラニンが皮膚の細胞に蓄積しやすくなり、結果的にしみができます。

ホルモンバランス

妊娠・出産や女性特有のホルモンバランスの変化、ストレス等によって、ホルモンバランスが急激に変動すると、メラノサイトを刺激し、メラニンを増加させます。これが肝斑やしみの原因となります。

間違ったスキンケア

肌を擦るように洗ったり、スキンケアを続けていると、肝斑やしみの原因となることがあります。また肌に合わない化粧品を使うことで炎症が起こり、色素沈着を生じることもあります。

精神的ストレスや食生活

精神的なストレスを受けることで、脳下垂体からメラニン細胞を刺激する物質が分泌され、しみの原因となります。また、コーヒーや緑茶に含まれるカフェインなどの刺激の強い食品を過度に摂取することで、しみの原因であるメラニンを加させると言われています。

当院の治療

外用薬

  • ハイドロキノン外用
  • ハイドロキノン+トレチノイン外用
  • ビタミンC化粧水

メラニンの生成を抑制するハイドロキノンを外用することで、シミを薄くする効果があります。また、皮膚のターンオーバーを促すトレチノインを併用し、より効果を高めることも可能です。いずれも被れる可能性がありますので、注意が必要です。

内服薬・点滴

ビタミンC・ビタミンE・トラネキサム酸などの内服薬
美肌点滴・美肌スペシャル点滴

肝斑にはトラネキサム酸等の内服治療を行います。その他のシミに対しても内服や点滴を併用することで体の内部からシミを薄くする効果や予防する効果が期待できます。

レーザー治療

Qスイッチルビーレーザー

Qスイッチルビーレーザーメラニンなどの色素に吸収され、生じた熱エネルギーで色素を破壊するレーザーです。
Qスイッチルビーレーザーは694nmの波長で、酸化ヘモグロビンの吸収が低く、メラニンの吸収が高い波長になっています。そのため、メラニン以外の組織へのダメージを最小限にしながらピンポイントでメラニンに反応することができ、効率的にシミを除去することが可能です。
また、Qスイッチレーザーは、非常に精密な機械であり、些細な事で出力の低下が起こり、表示された出力と実際の出力に差が生じることもあります。当院ではレーザーのパワーメーターがあるため、出力を確認しながら照射することが可能であり、常に一定の出力でより安全に照射することが可能です。

当院でのQスイッチルビーレーザー治療症例
  • 施術前
スイッチルビーレーザー治療症例before
  • 1か月後
スイッチルビーレーザー治療症例after

  • 治療回数:1回
  • 治療内容:Qスイッチルビーレーザー(JMEC The Ruby Z1)
  • レーザー治療料金:4,400円~55,000円(税込)
    ※照射範囲によって変わります
  • レーザー後にハイドロキノン外用・ビタミンC化粧水・ビタミンE・トラネキサム酸内服併用
Qスイッチルビーレーザー(しみ)の費用(税込)
内容 料金(税込)
直径5mmまで 4,400円
  1㎝まで 8,800円
雀卵斑 顔半分 27,500円
    顔全体 55,000円

レーザーフェイシャル

スキンリジュビネーションのメカニズムレーザーフェイシャルとは、低出力のロングパルスアレキサンドライトレーザー(医療脱毛用レーザー)を顔全体に照射する治療法です。
お肌表面の色素細胞や毛包のメラニンに反応するためシミ、くすみ、そばかすなどに効果があります。また、顔の産毛の脱毛が可能なため、お肌のトーンが明るくなります。
レーザー照射により真皮のコラーゲンの産生を促進し、開いた毛穴の引きしめや、お肌のキメを整えたり、ハリを出したりする効果など、様々な効果が期待できます。
治療後のガーゼやテープの必要がなく、気軽に施術できる点がメリットですが、効果の実感まで数回照射が必要となることもあります。

レーザーフェイシャルの費用

部位 料金(税込)
顔全体 ¥13,200-
¥6,600-

ファーミングセラムAC

レーザーフェイシャル、ピーリング、サーマクールなどの後にファーミングセラムを塗布します。 美容液を施術後に塗布し、残りを自宅ケアでお持ち帰りいただけます。通常販売しているものの2倍の濃度です。たるみにききます。

内容 料金(税込)
8ml 8,800円
TOPへ